夏と秋のプラン提案

世にある結婚式場の中でも、溢れる緑とさわやかな風が感じられるところは、夏の挙式にもおすすめの式場と言えます。特に、式場内から日本庭園が見えるロケーションを選択すれば、絵に描いたような「日本の夏」を感じながら、趣深い時を過ごすことができます。

そして、秋になれば、季節の移ろいを感じつつ、色鮮やかな紅葉が眺められるスポットで挙式するのも良い方法です。例えば、和と洋の魅力が見事なまでにマッチしたデザイナーズハウスなら、洗練された空間の中で式を挙げることが可能です。また、庭園のライトアップサービスがあると、あたりが幻想的な雰囲気に包まれ、式場内にいる人たちの気分を盛り上げてくれることでしょう。そのような式場では、日中はもちろんのこと、夜にパーティーを開くのもおすすめの方法です。

また、秋の京都で、一軒家を借り切って式を挙げれば、結ばれる2人のためだけのプライベートな時間を過ごすことができます。京都の山々が紅く色づく風景をバックにしたロケーションなら、優雅な時の流れが感じられます。また、衣装やテーブルフラワーなどの小物のカラーも、紅葉とコーディネートすれば、さらに素敵で思い出に残る結婚式になることでしょう。

流行の結婚スタイル

結婚式をプロデュースする会社のスタッフは、結ばれる2人の適性やニーズ、希望条件に合わせて、ウェディングスタイルや式場の提案を行なってくれます。したがって、結婚式の準備に関する分からないことなどがある場合、スタッフへ気軽に相談してみると良いでしょう。

また、最近では、「四季婚」と呼ばれる季節が感じられるスタイルのウェディングが人気を呼んでいるそうです。四季婚は、お花見や夏祭り、お正月など、四季と密接にかかわり合っている日本の文化を反映した新たなウェディングスタイルと言えるでしょう。「季節感」をキーワードに、四季折々の表情を見せてくれる自然のロケーションを活かした式場を選択すれば、開放感に満ちた雰囲気の中で、溢れる自然の魅力を感じつつ式を挙げることができそうです。

例えば、桜で有名なスポットに位置し、春のうららかな光が射し込む式場で、思い出深い結婚式を挙げてみるのはいかがでしょうか? そのようなロケーションの式場では、一面ガラス張りの構造になっていると、結ばれる2人の背景に広がる桜の魅力を存分に感じることが可能となります。

また、夏には青々とした緑豊かな環境の中で、爽やかに吹き抜ける風を感じつつ、老舗の料亭で式を挙げるという選択肢もあります。

四季が感じられる挙式

咲き誇る桜の花、輝く新緑、色鮮やかな紅葉、真っ白な銀世界と、四季折々の表情を見せる日本の情景は、海外の人々にも絶賛されています。これから結婚を控えている人は、季節ごとに趣が変わるロケーションを有効活用して、式を挙げることも検討すると良いでしょう。

日本の四季には、それぞれに違った魅力がありますが、その中でも、春と秋は気候が過ごしやすく、式を挙げる人も多いシーズンです。そして、京都には春の桜や秋の紅葉を観賞するのに適した神社が複数存在するので、挙式のロケーションとしてチェックしてみることをおすすめします。それらのスポットであれば、厳かな雰囲気や四季折々の自然がつくり出す華やかな空間の中で、心に残る結婚式を挙げることができるでしょう。また、新たに結ばれるカップルだけではなく、他の列席者にとっても、まるで観光旅行に出かけるような気分で、結婚式場を訪れることができ、良い思い出となることでしょう。

そのように、季節が感じられるスポットには、結婚式場のみならず、ホテルやゲストハウスも存在します。それらの施設を利用すれば、結婚式から披露宴まで、一つの場所で行なうことができ、移動に掛かるエネルギーや時間、コストも負担せずに済みます。